振られてからが本番、こうしてペニスを大きくしてきた

zoudai_1私は自分のちんこが小さいせいで彼女に振られたことがあります。

小学校や中学校のときは、片思いで終わっていたのでお付き合いの経験がありませんでしたが、高校に入ってから初めて待望の彼女が出来ました。

彼女は中学のときに付き合っていた男性がいたので全てが経験済みで、私が童貞ということも知っている彼女でした。

私は彼女と付き合い始めてから、頭の中でたくさんのシュミレーションをしていて、頭の中では全てが順調に行っていました。

付き合って4ヶ月記念日のときの話しです。

私の両親が仕事で家におらず、私の家に彼女を招いてエッチをする流れになり、私はとてもドキドキしながら下着を脱いだときです。

彼女はキョトンとした顔をしていましたが何も言わずに舐めてくれてたし、最後までしました。

1年近く付き合ったとき急に彼女に別れ話をされたので、詳しい理由を聞いたところ身体の相性が合わないと言われました。

さらに詳細を聞いたら、「小さいから全然気持ちよくない」と言われました。

それを聞いたときはとてもショックで、彼女とはお別れをしました。

自分のが大きいのか小さいのかわからないまま、また別のギャル系の彼女ができました。

下着を脱いだら彼女は大爆笑しながら小さいと言ってきました。

それからは自分のは小さいんだと自覚を持ち、一番のコンプレックスになりました。

それから私は最近よく見掛ける携帯広告の「サプリメントで+5センチ」というのに興味があり、試そうか悩んでいるところです。

そのサプリは「ベクノール」という商品なのですが、結構口コミでは効果があったという話がブログ等で見られます。成分についても自分なりに調べてみて問題ないような気がしてます。(参考 ベクノールはこちら)

けど、ちょっと料金が高いのです。3ヶ月分だけ買い込んでダメ元で試してみる価値はあるのでしょうか。

金冷法を続けてチンコを大きくした事実

私は50代も半ばになりましたが、ちんこが小さいことに未だにコンプレックスを持っています。

特に温泉やスーパー銭湯などで、ちんこが大きな人が堂々とちんこを見せて入浴している姿を見ると無意識のうちにちんこをタオルで隠し、離れたくなる気分になります。

人によってちんこの大きさに差があることを知ったのは、高校時代の合宿のときです。合宿なので共同入浴がつきものですが、そこででかいちんこをこれでもかと見せつけられ、コンプレックスを抱いてしまいました。このままでは彼女ができるのだろうか、結婚できるのだろうかと真剣に悩んでしまったことが、今でも昨日のように思い出してしまいます。

そこで、当時若者のバイブルであった週刊プレイボーイに金冷法という記事が載っていたので、早速実践することとしました。いわばちんこのエクササイズです。お風呂場でちんこに刺激を与えて、大きくします。そして、大きくなったちんこに濡れたタオルをかけるのです。とても重くてずり落ちてしまいそうになりますが、そこはふんばり、落ちないように上げ下げします。ひとしきり上下運動が終わったら、冷水をちんこにかけ、次にお湯をかけます。

ちんこに温度差を与えることにより、海綿体に刺激を与え、ちんこを大きくする方法です。また、その最中にちんこを引っ張ります。思い切り引っ張るとなんだかちんこが伸びたような気になります。

そうやって、金冷法で、ちんこを鍛えました。なんとなく大きくなったようなならないような、よくわからない結果となりましたが、日本人の平均よりも大きい事実に安堵し、止めてしまいました。

あれから約30数年が経ちましたが、他の人の大きなちんこが目に触れると、金冷法を続けていれば、もっと大きくなっていたのだろうなあと思い、ちょっぴり悔しさが募って来ます。

包茎と短小のコンプレックスを風俗で解消した方法

私はちんこが小さい。通常時で4cmほどだ。おまけに剥けていないので、先細りである。いわゆるドリルちんぽである。小学生の頃から小さかったが、さすがに小学生の頃は悩んでいなかったが、中学生になっても高校生になっても私のちんぽは大きくならなかった。それがとてもコンプレックスであった。

まずは包茎を治そうと皮を剥いて、その状態にとどめておく器具をかったりもしたが、包茎は治らなかった。

ちんぽが小さいというのは男子にとってかなりのコンプレックスなのである。なんといっても女性の前で恥ずかしくて裸になれない。

裸になれないということはセックスできないということだ。セックスできないということは恋愛できないということだ。恋愛できないということは不幸な人生を送っているということだ。これは嫌だ。ちんぽは大きくならないのなら、これを気にしない他はない。

小さい自分のちんぽを愛するしかないのだ。私は早速、風俗に通った。女性に堂々とちんぽを見せ、自信をつけようとおもったからだ。

思った通り、私のちんぽを小さいといって馬鹿にする女性など皆無であった。女性とセックスをして、小さいちんぽでもイカせられることを知った。

次第に女性の前では、平気でちんぽを見せることができるようになった。しかしだ、逆に男の前ではどうしても見せることができないのだ。

やはり小さいと馬鹿にされるような気がする。34になった今でも、恥ずかしくて銭湯では前を隠してしまうのだ。気にすることなく銭湯に入るのが私の目標である。

ため息をつく小さなチンコの私に妻が気の毒で悩む

zoudai_2
剥けていないちんこは、50代になるとますます小さくなるような気がします。自分でも驚きましたが、前はもう少し大きかったのです。それが、今では驚くほどに小さく縮み、付いているのかなと思うほどになってしまったのでした。

それも、中年太りで太ってしまい、太ももからお腹に多くの脂肪が付いてしまい、そのために、ますます小さなちんこがそのお肉で埋もれたような感じになってしまったのです。

座ると、もうちんこが無くなってしまいます。座りながら一人エッチをしたいと思っても、つまむことすらできないのです。本当に恥ずかしい限りです。

仕方がないので、いつも立った状態でちんこを擦っては、一人エッチを楽しんでいます。でも、メタボなお腹のせいで、ちんこを洗おうとしても、あまりにも小さなちんこが見えません。綺麗に洗おうとしても洗えず、ますます臭くなってしまいます。

手探りでそのちんこを掴み、石鹸を付けては洗っている状態です。

本当に自分でも、こんな小さなちんことはオサラバしたいです。でも、まずはメタボな体型を改善し、なんとかしないといけないなと思っています。

でも、妻は私の小さなちんこを見ては、いつもため息をつきます。いくら夫婦でも、やっぱり小さなちんこにはうんざりなのでしょう。もう20年以上も夫婦をやっていますが、いつも早漏で5分ももたないエッチが、妻を飽きさせているのだと思います。

本当に、よくこんな小さなちんこの私と夫婦をやってくれているなと思います。もっと妻を楽しませてあげればと悩みます。